美肌は1日にしてならず。お金より時間をかけるべし。

・スキンケアの基本は洗顔

私が20歳から20年間続けているのが、たっぷりの泡でこすらず洗う洗顔法です。

今でこそ、洗顔ネットや泡で出てくる洗顔料などが売られていますが、そんなものが全くなかった20年前からこの洗顔方法が美肌を作ると信じ続けてきました。

洗顔クリームに少しずつ水を加えひたすら泡立てて、生クリームのような泡を作り、手で洗うのではなく、泡を手のひらで転がすように洗うのが基本。小鼻などの細かいところは薬指を使います(薬指が一番力が入りにくいため)。

この洗顔方法を始めたきっかけは、どんなにいい基礎化粧品を使っても、洗顔がいい加減だったら意味がないと、化粧品カウンターの美容部員さんに教えてもらったことです。

肌を土に例えると、化粧は土の上にコンクリートを塗っているのと同じ状態。コンクリートの上からどんなに水をあげても、下の土には水は届かない。

なので、化粧と汚れをきちんと落とさないと、化粧水などが肌に入っていかないので意味がないということです。

・お金をかけなくても美肌は作られる

高い化粧水をチビチビ使うより、安いものでいいのでたっぷり使うことが大切です。

化粧水をたっぷり手にとって、こすらずに肌に押し込むようにつけて、最後に10秒ほど手のひらで肌を温めます。

乳液、美容液をつけるときも同様。

高いものを使うよりも、このひと手間で肌が変わります。

今私は40歳です。同年代の人は目尻の笑いジワなどが目立ちますが、洗顔も洗顔後のお手入れも決してこすらずに丁寧にケアしてきたおかげで、目尻などのシワは全く気になりません。

キメも細かいと褒められることが多いです。

肌は、短期間では劇的に変わることはなかなか難しいですが、正しいケアを続けていれば肌は必ずそれにこたえてくれると実感しています。”
こちらもおすすめ>>>>>シミトリー 口コミ

どちらも大事な、日頃のスキンケアとメイク

私は毎日メイクをします。

仕事が接客業です。

身だしなみの意味でもきちんとしているな、と相手に思われるようにある程度のメイクは必要だと思っています。

そして以前からメイクをすることが好きです。

短大生の頃は、アルバイトで化粧品の美容部員をしていたこともあります。

メイクをしたら、当然クレンジングなどのスキンケアも必要です。

メイク用品だけでなく基礎化粧品などのスキンケア用品も今でも、どの製品が良いか探して使っています。

毎朝起きたら洗顔後、美容液、化粧水、化粧用オイル少々、クリームを塗布後、ファンデーション等のメイクをします。

昼間は化粧直しは食後の歯磨きの後、ファンデーションと口紅を塗りなおします。

夜、帰宅後は寝る前にメイクを落とします。

メイク落としは、ダブル洗顔です。

ウオータープルーフタイプのマスカラを使っています。

私の場合、ウオータープルーフタイプのマスカラは、クレンジングオイルでなければ落ちないように思います。

まつ毛中心にクレンジングオイルでマスカラと顔全体のメイクを落としたクレンジングフォームを泡たてて、洗顔します。

その後、朝と同様にスキンケアします。

最近ソフィーナの土台美容液を購入して使っています。

普通、スキンケアの手順は化粧水、美容液、乳液かクリームだと思っていました。

ところがソフィーナの場合、この土台美容液を一番最初につけます。

私は毎年10月頃になると肌の乾燥等のトラブルがありました。

この土台美容液とオイルを使い始めたら、今のところこれらのトラブルはありません。

日頃のスキンケアはとても大事だと思います。参考:ラメラエッセンスC 効果と口コミ

スキンケアを念入りのする部分は正に顔と首

スキンケアという言葉を聞くと「顔」のそれを思い浮かべる人が多いかもしれません。

確かに顔は一年中露出している部分である上、誰にもいつも見られる部分なのでケアに力を入れるのは自然なことです。

実際、人の印象のかなりの割合は顔で決まるものだと思っています。

なので顔のスキンケアを重視することも自然なのですが、わりと顔の真下にある首のスキンケアをあまり重視していない人が少なくないと思います。

首には年齢が出てしまうので、顔の一部だと思って念入りに早い段階からのケアが必要です。

私は洗顔する際、洗顔フォームは首まで使って顔と同じように洗うようにしています。

そして化粧水もデコルテまでコットンで付け、乳液もデコルテまで塗る場合もありますし、首専用のネッククリームも持っているのでそれを塗るときもあります。

もちろん、外出する際には顔にも首にも日焼け止めクリームをまんべんなく塗ります。

首への紫外線も首の老化の原因となるので気をつけるようにしています。

クレンジングも首まで行います。

多少クレンジングや洗顔フォーム、化粧水などの減りが早くなってしまうかもしれませんが、これも将来の自分の肌のための投資です。

顔も首も同じぐらい丁寧にスキンケアを行うことが大事です。もっと詳しく⇒クリアポロンの効果は口コミで分かる

シミについて後悔してやまないこと!

20代の頃は、自分の顔にシミができるなんて想像もしていませんでした。

「特にシミ対策しなくてもファンデーションさえ塗っておけば大丈夫だろう!」くらいに思っていました。

お出かけに行く際には、なるべくファンデーションを塗ってお出かけしてはいましたが、特にシミに対する意識が薄かったために日焼け止めを塗るなどはしていませんでした。

そして30代に入り、そのツケが回ってきました。

頬にうっすらシミらしきものができ始めました。

初めに鏡を見た瞬間「んっ!?これはもしやシミ!?」と何度も鏡を見て確認したことを覚えています。

そのできてしまったシミに対して、気のせいであって欲しいという思いから何度もシミを触っては消えないかと必死になっている自分がいました。

「こんな必死になるのであれば、しっかりシミ対策をしておけばよかった…。」と後悔してもしきれません。

その後悔から、「もうこれ以上シミを増やしたくない!」という気持ちが芽生え始めました。

それからというもの、お出かけの際には紫外線をしっかりガードすることができるSPFの高いファンデーションを必ず塗ってお出かけするようになりました。

今までシミ対策を全く行ってこなかったので、今できてしまったシミに関しては少しでも薄くするためにも何か良いシミ取りクリームがあればぜひ使用してみたいです。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>http://www.ayto-luyego.com/

スキンケアコスメはライン使いしたほうがいい?

私がスキンケアで気になることは、「スキンケアコスメはライン使いしたほうがいいのか?」ということです。同じような疑問を持ったことがある人は多いんじゃないかなと思います。

もちろん出来るのであればライン使いをしたほうがなんとなくお肌の調子は整う感じがしますよね。特にそのブランドならではの独自成分などが配合されているコスメだったら、より効果もアップしそうです。

ただ、使うブランドによってはなかなかライン使いも難しい場合があります。私自身、今から10年ほど前にSK-Ⅱの有名な化粧水である「フェイシャルトリートメントエッセンス」を使った際、その素晴らしさに「SK-Ⅱをライン使いしたらどんなに美肌になれるだろう…」と思いましたが、値段を見て諦めました。

なので、現在は毎日たっぷり使う化粧水や乳液はコスパの良いものを使い、美容液だけは少しお高いブランドのものを使うようにしています。そして、月に1回だけSK-Ⅱのマスクをスペシャルケア(プラス、自分へのご褒美)として投入しています。

現在はこれでお肌の調子も整っているので、あえてライン使いする必要はないのかな…と感じています。それよりも、自分のお肌に合ったものを使うということのほうが大事なのかもしれませんね!

 

クリアポロンに効果はある?口コミから検証