洗い流すことを大切に!

パーマをかけてから髪がパサパサしているように感じやすくなったので、美容師をしている友人に相談してみたところ「紙のケアの仕方で変わる」と教えてもらいました。

パーマをかけると髪の毛が痛むイメージが強くありますが、それって実は少し違うようで、パーマをかけてセットをするときのワックスやジェルがきちんと洗い流せていないのも理由になるのだとか。

確かにパーマをかけるまではセット剤を使ってはいなかったのですが、パーマをかけてセットをし始めてからも同じケアのままでいました。

そのため、セットをした日はシャンプーを2回にして、コンディショナーも必ず使ってよく洗い流すようにしました。最後のケアにはタオルドライ後に流さなくて良いヘアオイルをつけてドライヤーをかけること。

そして最後には冷風でしめる工夫をしました。

シャンプーやコンディショナー、ヘアオイルは美容院で購入したものを購入しました。確かに高いけれど、美容院帰りの髪ってサラサラなので説得力もあったのです。

私が最近気になるのはエメリル。エメリルオイルなら髪もまとまり乾燥もせずになめらかになります。エメリルヘアオイルの口コミをチェックしてみて使う甲斐はあるかなと思っています。

そんなヘアケアを続けた結果、パーマをかけているのにパサパサな印象にはならずにくしをかけても絡まったりしなくなりました。

少し変えるだけでここまで変わるのかと驚かされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です